先日のこと、お客様のパソコンをWindows7から10へアップグレードしました。

業務アプリケーションがWin7サポートを終了するということで、ご依頼いただきました。

Windows7のサポート終了

Microsoftがアナウンスしているように、Windows7のサポートは2020年1月14日で終了します。下記のリンク先ぺージをご確認ください。

2020 年 1 月 14 日に Windows 7 のサポートが終了します

2020年1月14日以降、Windows7向けの更新プログラムは提供されなくなります。PC自体は使い続けることはできますが、セキュリティ上弱い状態になるため、かなりリスクが高くなります。

お問い合わせ

相談無料です。お気軽にお問い合わせください。

どうすべきか

現在Windows7を使っているPCがある場合に、選択肢は二つです。

  1. 最新のPCに買い替える
  2. 現在のPCのまま、Windows10 にアップグレードする

基本的に私は1を進めています。パソコンも機械なので物理的に劣化します。ハードディスク、冷却ファンなど動く部分は間違いなく壊れてきます。
電源ボタン、キーボードなど触る部分も故障します。基板上のコンデンサなども熱で劣化してきます。

PCが比較的新しく、Windows10のシステム要件を満たしていれば、アップグレードでもOKです。

失敗する原因を取り除いてアップグレード

今回の場合、PC自体は意外と良いスペックでシステム要件を満たしていました。

また、以前一度Windows10に上げて、7に落としたとのことで間違いなくインストールは可能です。

色々調べて、 アップグレードで失敗する場合は不要なサービスや周辺機器が障害になっている場合が多そうでした。

そこで事前準備としてまず、メーカーのページからBIOSとデバイスドライバの最新化プログラムを入手して適用しました。これは各メーカーサイトにあります。

さらに、OSのクリーンブートを設定してから更新作業を開始しました。

Windows でクリーン ブートを実行する方法

特に接続している機器はないので、この状態でWindows10のアップグレードを開始します。

Microsoftのページからツールをダウンロードします。

Windows 10 のダウンロード

「ツールを今すぐダウンロード」からツールをダウンロードしたら、「このツールを使用して、このPCをWindows10にアップグレードする」の手順にしたがい進めます。

3時間かかって終了

1台目は完全に終了まで3時間弱かかりました。

  • ダウンロード開始から、完了まで約1時間
  • 更新プログラムダウンロード約20分
  • インストール開始から再起動まで、約15分
  • 更新プログラム適用、約1時間
  • クリーンブートの戻し等、後作業約10分

2台目はインストールで時間かかってたので、一晩放置で翌朝すべて完了させました。

すべて問題なく完了です。

忘れちゃいけない付帯作業

OS自体はきれいにアップグレード完了しました。

付帯作業として

  • プリンタの設定
  • お気に入りの移行
  • Office起動確認
  • Outlookの起動確認
  • AcrobatReader再インストール

まで行いました。

今回はかなりスムーズに作業できましたが、時間はものすごくかかります。
バックアップはお客様で取得済みだったので良かったですが、そこの作業も含めて考えると2日は必要な作業かなと思います。

Windows7いまだに使っている方、そろそろPC買い替えだと思います。
気になったら一度ご相談ください。

お問い合わせ

相談無料です。お気軽にお問い合わせください。